更新不定期最高。鈴です(


by s-rinfa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ぷろふぃーる( 2 )

最終章 風に伝わる鈴音

My Love 届かないまま
ひとり抱きしめて眠るの

Your Love もう一度please
時を戻せたらいいのに

優しい微笑みが 心を離れない

あなたは きっと永遠に
私の宝物だから
二人で過ごした記憶を
大切にして ずっと忘れない

My Love泣き出しそうなの
ふいに溢れてく切なさ

Your Love 恋しくてplease
せめてその声を聞かせて

逢いたくて逢えない 季節だけが過ぎる

あなたは ねぇ どんな道を
あれから 歩いているのでしょう
離れて 初めてわかった
かけがえのない愛があったこと

哀しみもいつかは
想い出に変わるのかな
痛みのカケラさえ
失くしたくない すべてを

あなたは きっと永遠に
私の宝物だから 
二人で過ごした記憶を
大切にして ずっと忘れない


「ずっと永遠に」 Crystal Kay
































感性が豊かなので物事を深く考えすぎてしまうのでしょう。

1人で考えこまないで。貴方は1人じゃない


私は嫌な女


最低
だから私に縋ってくれる人なんていないと思っていた
愛してくれる人なんているとは思って無かった
全然貴方とはうまく話せなくて、話せてもあまり嬉しそうなそぶりも見せない
なんとなくだけど、愛してくれてる自信はあった
だけど、何か違った
私は此処に居ても良いのか分からなくて
自分の弱さと、貴方への感情と、自分の愚かさ、色々な感情が喉の奥まで上り詰めているのが分かった
貴方は本当に私のことを愛してくれていて
どうしてそれなのに私は、寂しいなんて思ってしまったんだろうか
思っていた以上に、私は貴方を支えていたの?
貴方の言葉は私に突き刺さる
貴方も私も弱い
私は縋られるものなんて無いと思っていた
だけど貴方は私に縋る
私だって本当は貴方に縋っていたんだ
貴方の声は震えていて
縋って居たのは私の方だと気づく
愛しているモノを分からなくなる
それは少しの寂しさや不安からで
本当の感情を鈍らせる
そして思い返した時、巡る思いが二人を引きとめる


でも違った。結局私は自分を守っただけだった。貴方の為だとそう思っていたのに、私は貴方の側に居て「足枷にだけしかならない自分」を見るのが怖かった。
そしてそんな私が近くに居るせいで、あなたが危険な状態になるんじゃないかって。
それが、とても怖かった。強くなることも出来ず、自分の不安に潰されて、自分一人であなたの側から逃げ出した。
しかもその時はそれにすら気づけなかった。情けない、私はあなたと別れて、あなたと一緒に居た時よりも"強く"なれた。
あなたが居なくなって、私はそうなったの。

だから私はここに来れた。

皮肉だ。
あの日々を手放して、手に入れたなんて。


でも、こうも思える。


あなたが居て、そして離れて、けれどそこにはいつも「あなた」の存在があったから、だから今の「少し強くなった私」が存在しているんじゃないかって。







全て大切だった。

全部全部あなたが居なければ起こらなかったこと。





離れたからこそ分かった。




私はにとって、あなたは―――。
どんな時でも側に居られたのは気持ちがあったから。
その気持ちより怯えや恐怖心が強くなったら、私は本当に「ただ居るだけ」になってしまう。

それでは人形と同じだ。
いや、感情があるだけ人形より性質が悪い。


だから良かったのだ。
あそこで私はあの選択を選んで、良かった。


苦しかったけれど、悲しかったけれど、それでも今ならそう思える。
あのままの状態でずるずる引きずる関係にしないでくれたのは、あの選択だったのだから。
あなたがそう思わなくても、やっぱりあなたは私を助けてくれたんだよ。

沢山の意味で、私は助けられた。
代わりに失ったものもあったけれど、散らばってしまった自分の気持ちを整理させててくれたのは、それは全てあの選択で別れを選び離れたから出来たことだ。
気持ちを動かすことが出来た。
自由になった。


あの形を得たものを、壊すことが出来た。

「重荷だとも思ってないよ。側に居て欲しい。」


あの時の言葉やっと意味がわかった。
遅いよ。
でもそれでいいんだと思う。

私も貴方も遠回りしたけれど、その時間があったからきっとそう決めることが出来たんだろう。



今度こそ、二人に一番いい選択が出来たと思えるように。
別れた事は、無駄ではなかった。



















昔、半年前かな。
書いた言葉が残ってた。
本当に好きだったあの時、毎日が素敵に輝いてた時。
これ以上の幸せないって思ってたあの時。




だけど違った。
あの日を散々後悔してた私を変えてくれた人がいて。
傍にいてくれる暖かさが、温もりが。
私を変えてくれた。






ずっといなかった私を
受け入れてくれたみんな。
当たり前のように話してくれるみんな。
私は、みんなが大好きです。

友達みんなが好き。
貴方が好き。


本当に感謝してるの。だからたくさんのありがとうを伝えたい。


だからとりあえずここではお別れをいいたいの。
たくさんつまりすぎてる思い出を少し形としてここに残して。
私は旅立とうと思います。


みんな本当にありがとう。
私は貴方がいてくれて本当によかったって思う

いや実は
[PR]
by s-rinfa | 2007-06-03 00:49 | ぷろふぃーる

ぷろふぃーる

とりあえずプロフィール

自己紹介でも(*´・д・)(・д・`*)ネー

*Maple

1st a0055515_20555093.gif

name:プリスクール
lv:永遠のクレリック(
guild:風邪の唄



前のキャラを名前だけ復活させてみました。
どうもこのキャラでうろうろしてると覚えてる人がたまにいるんですけどね(
プリーストを目指して♪の夢をかなえてみたいのですが、どうもこのキャラはやる気が(ry

SSは準備中

2nd
*画像は準備中
name:鈴花o
lv:91 ハーミット
guild:無所属

立派なもう倉庫キャラなのは言うまでもない(ぁ

あと一人倉庫キャラがいます。
あとは♂IDもあるけど、たぶん人気上げ逃げキャラ(



*Real
名前:内緒(てかみんな知ってるよね
性別:一応女らしいけど
年齢:春から社会人1年生
職業:あれすぎていえない 
誕生日:1月17日 (10月7日)
血液型:A
好きな事:読書、テレビ、音楽鑑賞、日向ぼっこ
好きな歌手♂:ポルノ、ナイトメア、ミスチル、平井堅、EXILE
好きな歌手♀:ドリカム、木村カエラ、宇多田ヒカル、HY

加えてほしいことあったらご自由にどうぞ(

3月28日最終更新
[PR]
by s-rinfa | 2005-11-15 01:12 | ぷろふぃーる